キャッシングの限度額について

キャッシングの限度額は会社によっても異なる

キャッシングの限度額

いくらまでなら借りられるのか?という限度額が気になる人も多いと思います。基本的には、これは銀行系と消費者金融系とで異なります。銀行系の方が限度額が大きく、500万円まで借りることができるところもあるほどです。

 

ただし、借りる金額が大きくなれば収入証明の提出を求められます。返済能力を超えたお金を貸すのは、キャッシング会社からしても大きなリスクですからね。

 

しかも銀行は金利が安心の設定になっておりますので、いかがわしい消費者金融で借り入れするよりもよっぽど安心かと思います。さまざまなシチュエーションでまとまったお金が必要になってくると思いますが、必要な金額にあわせてキャッシング会社も使い分けるといいですね。

 

ただし審査に時間が掛かるので、急にお金が必要です!という即日融資の場合であれば、消費者金融の方が借りやすいです。ただし、消費者金融は数が非常に多いので、必ず名前を知っているような大きなところを利用する方が安心です。無名の小さな消費者金融の中には、悪徳業者も紛れているらしいので気をつけましょう。

 

限度額は徐々に増えていく

限度額が上がるイメージ

これはどのキャッシングを利用しても同じことですが、新規の申込でホームページなどで表示されている融資可能額の上限まで借りる事はほぼ不可能です。

 

まずはその人の返済できそうなラインで限度額を決められて、きちんと返済を続けていく中で与信状況も見直されて、結果として限度額が増えていきます。

 

これはキャッシングが保証人を必要としない貸し付け(信用取引)ということに由来します。カードローンは個人の信用度が数値化され、その人の融資額として現されます。スケジュール通りに返済を行うことで信用度が増えていき、それに伴って限度額も増えていく仕組みです。クレジットカードの限度額にも通じる部分ですね。

 

目的別のローンにも注目

キャッシングの特徴の一つは「目的を問わないローンである」という点です。つまり、ギャンブルに使おうが飲み代に使おうがブランド品を買おうが、借りたお金は何に使っても良いということです。

 

しかし、ある決まった目的の為にお金を借りたい場合もありますよね。その際たる例が、住宅ローンやマイカーローンです。こうした大きな買い物の時には、目的別のローンを組むことが一般的です。このローンは、目的外の使用を禁じられているので、キャッシングとは正反対の性質を持っています。

 

住宅やマイカー以外でも、子どもの教育費の為にお金を借りたい人も多いです。そうした場合は、キャッシングよりも教育ローンを選んだ方が、金利が低いのでオススメです。

 

交際費や生活費をちょっと補填するために…という目的であれば、カードローンのキャッシングを利用するしかありませんが、ある特定の目的の為にお金を工面するのであれば、様々な銀行が用意している「目的別ローン」を検討しましょう。

 

←無人機でのキャッシング人気業者に戻る